舞台・照明・音響・映像について

舞台

  1. 舞台責任者(舞台進行の一切を把握している方)は、使用日当日、施設職員と進行及び時間割等の最終打ち合せを行って下さい。また、催し物開催中は会場責任者を会場に常駐させて下さい。
  2. テーブル・イス・展示パネル等のセッティング及び後片付けは、主催者で行って下さい。また、舞台備品等についてもお願いする場合もございます。
  3. ピアノ調律は、管理上「A=442Hz」で実施しておりますが、ご使用に際し、更に調律を希望する場合には、当館にお申し込み下さい。なお、ピアノの調律時間は使用時間内に主催者のご負担でお願いします。
  4. 吊りバトン・スクリーン・どん帳等電動の舞台機構の操作は施設職員が行います。
  5. 客席の通路は避難通路も兼ねておりますので、ビデオカメラ等の設置はできません。ビデオカメラ等を設置する場合には、事前に打合せをお願いします。また、客席通路は避難通路になっておりますので、設置は客席内となります。
  6. お持ち込みの幕類・大道具等は、防災加工の施されたものをご使用下さい。
  7. 施設内の壁面・ガラス等は張り紙を禁止しております。指定の掲示板・案内板をご使用下さい。
  8. 本番中、反響板の組み立て・撤去は危険が伴いますので、実施しておりません。

照明

  1. 照明操作卓や照明器具の操作をお願いすることがあります。
  2. 演出上、ピンスポットやフォロースポットを使用する場合には、操作方法をご説明しますので、主催者で操作して下さい。
  3. ホール内はビニールコードの使用を禁止しておりますので、電源を必要とする場合は、ゴム製のキャプタイヤケーブルを使用して下さい。

音響

  1. 音響機器の操作をお願いすることがあります。
  2. 演奏会・講演会等の録音をする場合は、あらかじめ出演者等の了解を頂いて下さい。
  3. 式典等の録音は記録程度のものとします。
  4. 移動用機材を使用する場合は、機材を倉庫から運び出して頂く等、必要な人員をお願いすることがございます。

映像

  1. ビデオの収録を希望される場合は出演者の了解を頂いて下さい。
  2. ビデオ機器の操作をお願いすることがあります。
  3. 有料映画会等の映写機操作は主催者でお願いします。


pagetop